↓鉄道各社が一斉に「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンをを実施しているそうです。

日本人のエスカレーターで片側を空ける習慣っていつのまにかついてますよね。

それでは、何のために空けているのか?きっと、急いでいる人のためですよね。

しかし、よく考えれば、急いでいる人のために片側を空けることなんてないです。 もともとエスカレーター上を駆け上がるようには作られていないし、駆け上がったら危険なのですから。

一番厄介なのが、通勤時に駆け上がったり、駆け下りたりする人たちです。時間に追われて余裕が無い人達がたくさんいます。 なので、エスカレーター上でじっとしているのではなく、移動することが当たり前だと思っています。

エスカレーターは、たくさんの人が乗っている状態だと、何か合った時に、自分だけでなく他の人も巻き込んで大事故にも繋がりかねないので、できるだけ手すりにつかまった方がいいですね。

幅が一人分だけのエスカレーターを時々見かけますがああいうのがいいです。空けるスペースもないですから。 しかし、それだと人を輸送する量が少なくなってしまうんでしょうね。どうしたものか。

エスカレーターいかがですかレーター

エスカレーターいかがですかレーター

  • 作者: 丸山誠司
  • 出版社/メーカー: 絵本館
  • 発売日: 2014/12/05
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る