三人兄弟の一番上。一番下の弟は来なかった。先生に会いたかった。父が「今すぐ行け」と言い出す。父は、取り憑かれたように訴える。

父の母が、電話で話した。父の後悔の話だった。父は現在54歳。会わせたいという依頼。

ヤリガンナを使っている伝統職人。依頼者は姉。恥ずかしいのと、バイトが入っていた。父はキレる寸前だった。先生は帰っていた。家まで行け!実際に行った。

新しい住所まで聞いて会いに行った。その日のうちに。十分なナイトスクープ。

大好きだったイナバ先生。家に遊びに来てくれていた。父には内緒の依頼。

市立桃谷幼稚園(玄宗寺)。昔の先生の名簿がある。幼稚園が2年後に閉園。イナバアヤコ先生。

退職と卒園が?イナバチヅル先生。イナバ先生が二人いた。妹さんでした。やりかんなの取材。

飛鳥時代は、やりかんなだった。やりかんなは、1000年建物が持つ。探偵で、ナイトスクープでバレる。

探しました。ご健在。奈良県で再開。71歳でした。ちゃんと覚えていた。当時の説明。独立して失敗。自信がなくて、答えられなかった。

豆の思い出も、ちゃんと伝わってたラスト。